乳首黒ずみ治す方法

乳首の黒ずみが気になりますよね?乳首黒ずみ治す方法ってあるんでしょうか?そんなあなたの疑問が2分50秒で解決できます。

乳首が黒い女は、遊んでる?????

絶対に間違った考え方ですが、男性のなかには、こんなイメージを持つ人もいるそうです。

乳首が黒い女は、遊んでる

ひ、ひどい、ひどすぎる。。。

乳首が黒ずんでいると何が良くないの?

乳首が黒ずんでいると何がいけないんでしょうか?

何でこんなヒドイこと言われなきゃいけないんでしょうか??

激オコぷんぷん丸です!!!!!

 

確かに、白いとか純白って西洋でも東洋でも「潔白さ」とか「純粋さ」の意味があります。

 

でも、遊んでる女の人でも乳首がキレイなピンク色の人はいるし、

まったくそんな経験の無い人でも、乳首が黒ずんでいる女の人はたくさんいますよね??

 

そんなこと言ってくる男と付き合う必要無し!!!!!!

 

でも、、、、、、、

そんなこと言われるということは、すでに、そういうお付き合いが深まっているシチュエーションだし。

そんな彼氏から、「乳首黒いね」なんてこと言われたら、、、、、、、、、、、、、、大ショックですよね?

相当コンプレックスになるし、その後の恋愛観にも響いてきちゃいます。

 

そんな悲劇にあわないためには、どうすればいいんでしょうか?

このページでは

  • 乳首が黒ずむ原因
  • 乳首黒ずみ治す方法

を分かりやすく解説します。

 


 

乳首が黒ずむ原因っていったい何???

乳首や乳輪、バストトップが黒ずむ原因は、絶対コレ、というものは無いんですが、いくつか原因があって、しかも結構普通に起きることのようです。

 

1.女性ホルモンの分泌量の変化

女性の年齢や成熟度合い・生理や妊娠、出産などによって、女性ホルモンの分泌量は変わります。

女性ホルモンが増えると、乳首が黒ずんでくることがあるそうです。

逆に言うと、初潮前の思春期以前には、乳首が黒ずんでくることはあまり無いようです。

妊娠は影響が大きそうですよね?

女性ホルモンが増えたり、ホルモンバランスが変わることで正中線(妊娠線ではない)とかも出来ちゃうくらいですからね。デリケートゾーンやワキなんかも黒くなることがあるそうです。

赤ちゃんがおっぱいを吸う時に、「乳首を見つけやすくするために黒くなる」っていう説もあるそうです。

確かに赤ちゃんが生まれた直後って、視力もかなり弱いらしいので、ありそうな話ですよね。

どっちにしても、妊娠中や授乳期間中は乳首の黒ずみを治す治療はやめておいたほうが良さそうです。

赤ちゃんに影響があっては元も子もありません。

 

2.もともとメラニン色素が多い

もともと先天的にメラニン色素が多い人は乳首が黒ずんでくる確率も高いそうです。

ただ「多い」っていうことで黒ずむわけでないようですが、同じような体への刺激や変化があったときに、「黒ずみ」として目に見えちゃう確率が高いそうです。

もともと、生まれつき色白の人とか、白人では乳首が黒ずんでいる確率は低くて、乳首の色もピンクに近いそうです。

といっても、それって程度の問題のような気もしますよね?

きっと肌の白い人って、ちょっと黒ずんでるだけでもすごい目立っちゃうんじゃないでしょうか?

 

3.刺激や摩擦からメラニン色素が肌を守ろうとする

日焼けのときのメラニン色素は、「紫外線の刺激から肌を守ろうとしている働きがある」っていう話はあなたも聞いたことがありますよね?

 

でも、この「刺激」って紫外線だけじゃないそうなんですよ。

接触とか圧力とか摩擦も刺激になるそうです。

さっき、「赤ちゃんが乳首を見つけやすくするために乳首が黒くなる」説を書きましたけど、

こんどは、赤ちゃんが乳首を吸う摩擦とか接触とかの刺激から乳首の皮膚を守ろうということでメラニン色素が集まってくる、という説もあるそうです。

いろいろあるんですねー。

それ以外にも、「服とか下着との摩擦で出っ張った先端の乳首が黒くなる説(炎症後色素沈着)」もあるそうです。

摩擦って言うとチクチクするとかそんなイメージもありますが、日焼けだって紫外線の種類によっては室内にいても日焼けするような紫外線があるくらいなので、肌感覚だけでは判断できないも知れませんね?

 


乳首黒ずみ治す方法

皮膚科などではビタミンCなどの内服薬と同時に、美白成分として有名なトレチノインのクリーム(外用薬)やハイドロキノン(0.025~0.4%)を含んだクリームやジェルが併用されることがあるようです。付け心地や副作用、臭い、肌との相性(個人差)など、いろんな種類を最初試すことが多いようです。

普通の黒ずみやシミの治療は保険適用外ですが、皮膚科でも可能です。保険適用外なので、費用がかかるのと待ち時間が長いのが難点ですけど。

(肝班の治療の場合は健康保険が適用されます。)

 

乳首の黒ずみを治すのは、顔のシミ治療より時間がかかる

乳首の皮膚のターンオーバー周期は顔の皮膚のターンオーバー周期より長い(遅い)と言われています。

そのぶん、「薬の効き目が悪い」という言い方はどうかと思いますけど、乳首の黒ずみを治すには、顔のシミ治療より時間がかかることが多いようです。

顔のシミもなかなか手ごわいですからね。地道に美白クリームで乳首ケアを継続するしかなさそうです。

口コミでは「どんなにいい薬でも半年から一年はかかるという覚悟はしておいたほうがいい」という情報もあります。

 

 

時間がかかることで起きる副作用もある?

ところで、長期間薬を使っていることで起きる副作用というのもあるそうです。

肌に「薬への耐性」がついてしまうことがあるそうです。こうなると、その成分は効果が期待できなくなってしまいます。

こわいですよねー。

そう考えると、だらだらと安価なバストトップケアコスメを試すよりも、可能な限り、しっかり乳首の黒ずみを治す効果が期待できそうな成分をしっかり配合した乳首ケアクリームを選択することも重要になりそうですね。

 

 

透明感のある美白クリーム【ホワイトラグジュアリープレミアム】
94.8%が美白を実感の乳首美白
4000円OFFのキレイになりたい女子応援キャンペーンは

>>ここをクリック!<<

2314 乳首黒ずみ治す方法 ホワイトラグジュアリープレミアム